<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日曜美術館

NHKの人気番組日曜美術館
今回はアール・ブリュットがテーマでした。この横文字、あまりなじみないかもしれませんが、日本ではアウトサイダー・アートなどといわれている、いわゆる障害を持つ人たちが創りだすアートのこと。滋賀県のメンバーを中心に、今回フランスの美術館で大々的に展示され、とても高い評価を得たようです。
アトリエ・ハピバールのメンバーにも共通していえることなのですが、それらの作品の多くは他者を意識せず、自らの思うままに描かれています。そして、そこには”言語以上の強いメッセージ”が存在することが多々あるのです。アートに精通したフランス人もその点に強くひかれたといいます。

興味のある方は27日の夜に再放送されますので、ぜひご覧ください!
(下の作品は日曜美術館HPより転写)
a0150711_9535818.jpg

[PR]
by hapi-bar | 2010-06-23 09:52

駅前のHAPPY

ハピバールは近鉄南大阪線、駒ヶ谷駅から徒歩5分のところにあります。

踏み切り前のアジサイがあまりにもきれいだったので、おもわず改札ごしに写真をとっていると、近くのベンチにすわっていたおばさまが
「写真とりにきたんか~ ここから入って撮り!」
と、隠し扉(!?)をあけてくださいました。よくよく話をうかがうと、おばさまは駅前の売店で数十年間にわたり、この駒ヶ谷駅を見守ってこられた方でした。その昔、アジサイを植えられたのも、おばさまだったようです。ハピバールの仲間たちのことも、施設の設立当初から見守ってくださっていました。

「もうすぐしたら、ブドウも収穫できるから、とりにおいでーー」
よく見ると、アジサイの上には青くかわいいブドウの実。

アジサイとブトウとおばさま。
何か、とてもステキに時間が流れたひとときでした。


a0150711_1094323.jpg

[PR]
by hapi-bar | 2010-06-15 10:36

入所以来、アルミ缶つぶし一筋のマサヒロさん。

機械のセッティングから片づけまで、手際よくテキパキこなします。
缶を提供いただいている地域のみなさんともすっかり顔なじみ。
彼の笑顔+元気なあいさつは、スタッフの私たちも見習わなければなりません。

10年間アルミ缶をさわりつづけているその手は職人の手。
何万個ものプルトップをはずしてきたため、親指と人差し指の皮が厚くなっています。

「今日は缶がいっぱいやねん~ 忙しいっ!」
と、両手ではもちきれないほどのアルミ缶。


働いている時がやっぱり一番いい表情です☆


a0150711_11574735.jpg

[PR]
by hapi-bar | 2010-06-14 12:03

ハピバールなあいさつ

言葉あそびが大好きなヨシオさん。
愛チャリにまたがり、毎朝颯爽と登園されます。

いつものスタッフをみつけ、いつものかけ声。
♪調理実習に灯油は、か・ん・け・い・な・い・よ♪
彼の元気なこの声をきかなければ、ハピバールの一日ははじまりません!

子どもが大好きで、私が二人目を妊娠中のときは名前まで考えてくれました。
残念ながらナミヨちゃんとは名づけませんでしたが(笑)、名前を呼びながら大きなお腹をさすってくれたヨシオさんのその優しさ、娘が大きくなったら大切なエピソードとしてつたえますね。
a0150711_11283310.jpg

[PR]
by hapi-bar | 2010-06-13 02:01
a0150711_1112968.jpg
新聞やテレビでは、毎日のように新内閣発足のニュースが流れますが…

時を同じくして、はびきの園の新自治会役員も決定!
「更に楽しいはびきの園をつくります!」という公約実行のため
さっそく仕事にとりかかります。

梅雨入りまじかの6月。
今回の役員さんはどんなステキな”はびきのカラー”をつくってくれるのでしょうか♪
[PR]
by hapi-bar | 2010-06-10 11:17